「笑うと免疫力が上がる」という話を聞いたことがあるでしょうか。これは科学的に証明された事実なのです。

笑うことで神経がリラックスし、脳からアルファ波が出てそれが自律神経のバランスやホルモンの分泌に影響を与え、免疫力向上につながります。

また、私達の体にはガン細胞を専門に攻撃するNK細胞(ナチュラル・キラー細胞)が存在しています。笑うと、脳から神経ペプチドという物質が分泌され、これがNK細胞に働きかけてその活性を大幅に上昇させます。

笑いのある生活は、ガンの予防につながるのです。この笑いは、なんと作り笑いでも効果があることが分かっています。脳には「楽しい」=「笑う」という情報がインプットされています。

楽しさを感じると笑顔になり、それが快感ホルモンであるドーパミンの分泌を促して免疫細胞の活性を高めます。このルートを逆に辿ると「笑う」=「楽しい」となり、笑顔を浮かべることで脳が「楽しい」という情報を受け取って、ホルモンを分泌させるのです。

顔の筋肉、表情筋を動かすことで、脳が免疫力向上物質を出して免疫力がアップします。これを利用して、顔面ストレッチを行うことで免疫力を高めることができます。鏡の前で両手を頬に当て、優しく上下にさすります。

頬の筋肉を動かすように心がけてください。次になるべく大きく口を開け、「あ・い・う・え・お」の母音をはっきり声に出しましょう。大げさなくらい口を動かすのがポイントです。

演劇部の発声練習を想像しながら、自分でおかしくなってしまうほど思い切り唇を上下左右に開きます。最後に、人差し指を唇の端に当て、口角を上大きくに持ち上げます。にっこり笑顔を作ってください。

リズムの良い音楽を流しながら行うのも効果的です。歌手になりきって、その曲を歌ってみるのも良いでしょう。

とにかく表情を変え、笑顔に持っていくことがポイントです。最初はぎこちない作り笑顔でも、表情筋がほぐれてくると自然に大きな笑顔になれるでしょう。顔面ストレッチで脳に刺激を与え、免疫力を向上させてください。