体には様々なツボがあり、東洋医学ではマッサージなどでそれを刺激することで色々な効果をもたらします。しかし、素人が下手にマッサージを行うと、かえって筋を痛めたり揉み返しが来て痛い思いをしたりします。

最近良く見かける「10分間1000円」というようなマッサージ店は、実は専門的な資格がなくてもマッサージ師として勤務することができるので、研修を受けただけで実際には何の知識も持っていない人が施術に当たっているケースもあります。

これに対して整骨院や針灸院などはきちんとした資格が必要になりますが、これらの医療機関での「マッサージ」には保険が効きません。

あくまで捻挫などの「外傷に対する医療行為」として行うのであれば保険適応の対象となりますが、単に肩こり解消が目的であれば「医療行為」には当たらないため、保険適用外になります。「各種保険適応」の看板を掲げているところはありますが実は法律違反の可能性もあります。

この辺りのことは十分な知識を持って施術を受けないと、費用が高額になったり知らないうちに法を犯していたりと様々な危険が隠れています。そこで、自分でもできる免疫力アップのための簡単なエクササイズをやってみましょう。

「壁懸垂」は、壁に両手をつき、腕をまっすぐに伸ばして、次に腕をゆっくり曲げるという運動です。腕と胸の筋肉が動いていることを意識しながら、一日10回程度を目安に行ってください。

鉄棒にぶら下がって行う懸垂とは違い、体への負担が少ないのでおすすめです。このエクササイズは、胸の外辺りにある免疫力を向上させるツボ「中府」を刺激します。また、背中を伸ばすエクササイズも効果的です。

楽な姿勢でまっすぐに立ち、手のひらを外側に向けて後ろで両手を組みます。そのまま肩を下げられるだけ下げて、あごを少し上げて深呼吸を2~3回繰り返します。胸を開くために、肩甲骨を寄せるようにするのがポイントです。

猫背を解消して姿勢を良くする効果もあるエクササイズです。このような簡単な運動を毎日寝る前などに行って、無理なく免疫力をアップさせていきましょう。