風邪を引いて病院に行くと、必ずと言っていいほど抗生物質を処方されます。実は、この抗生物質の乱用が免疫力を弱めているのです。

抗生物質は「魔法の弾丸」とも呼ばれ、体内の細菌を皆殺しにしてしまうほど強い力を持った薬です。体内に侵入してきた有害細菌に対しては有効ですが、同時にビフィズス菌など体にとって有益な善玉菌まで殺してしまうため結果的に人が本来持っている免疫力まで弱めてしまうことになるのです。

しかも、抗生物質は決まった時間に決まった量を飲むことで血中濃度を一定化して細菌を退治するのですが、熱が下がるなど症状が軽くなったからと自己判断で薬を飲むのをやめてしまう人が大勢います。

これが、さらに大きな問題を引き起こしています。細菌も生物ですから、生き残るのに必死です。たとえ症状が軽快しても、体内には多少なりとも細菌が残っています。この「生き残り」たちは、抗生物質を記憶し、それに対する耐性を身に付けます。

人間が抗体を作るように、細菌も抗生物質が効かない「耐性菌」へと進化してしまいます。耐性菌を殺すためにはさらに強力な抗生物質を服用しなければならず、細菌も対抗してさらに学習を進めていく…と、細菌と抗生物質はいたちごっこを続けているのです。

この結果、非常に強力なメチシリンという薬にも耐えるMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)という細菌が誕生し、院内感染で入院患者が死亡するという事件が社会問題化したのは記憶に新しいことでしょう。

このいたちごっこを止めるには、やはり安易に抗生物質に依存しないことです。免疫力は人間が本来持っている病気に対抗する力です。抗生物質はそれを助けてくれる善玉菌まで殺して腸内環境を悪化させて免疫力を低下させるだけでなく、薬が効かない耐性菌まで生み出してしまう諸刃の剣なのです。

一説によると、一日抗生物質を服用すると、腸内環境が元に戻るためには一年間もかかるそうです。安易に薬に頼るよりも、日頃から生活に注意して病気にかからない体を作ることが必要です。また、熱が出たときに処方される解熱剤も、使いすぎないほうが良いと言われています。

風邪やインフルエンザで熱が出るのは、ウイルスを殺すための免疫反応によるものです。特にインフルエンザウイルスは非常に熱に弱く、体温が37度になると時間単位で、38度になると分単位で、39度になると秒単位で活性が低下していきます。また、体温が一度上がると免疫力は60%上昇するとされています。

風邪やインフルエンザの熱は、むやみに下げないほうがむしろ良い場合があるのです。発熱によって死に掛けたウイルスが、熱が下がることで再び活性化し異常に繁殖してかえって症状が長引く可能性もあります。

もちろん、あまりに高い熱は非常に辛く、医師ともよく相談しなければなりませんが、37度程度の発熱ならば安静にして栄養を取っていれば自然と回復していきます。抗生物質にしろ解熱剤にしろ、薬に頼りすぎると本来備えている免疫力、回復力が損なわれてしまいます。そうなる前に、病気にならない体を作っていきましょう。