免疫力が低下すると、体にはどのような影響が出るのでしょうか?まず、免疫とは体に侵入してきた細菌やウイルスなど、または体内に発生した腫瘍などの異物を攻撃し、体外に排出する機能です。この免疫系のバランスが崩れることが、ここで言う「免疫力の低下」です。

免疫系というと白血球が思い浮かぶでしょうが、それだけではありません。白血球に異物を攻撃するよう指令を出すサイトカインという物質が存在します。このサイトカインは、白血球に対して「誘導」「抗原」「抑制」の3つの命令を出しています。「誘導」は、白血球に「何が外敵なのか学習させる」。

「抗原」は、「外敵に攻撃するよう促す」。「抑制」は「攻撃をやめ、次の外敵に備える」作用です。サイトカインの出す3つの命令のバランスが崩れると、免疫力が低下・異常化した状態になります。

すると、様々な病気を引き起こしてしまいます。免疫力が低下して「誘導」「抗原」作用が弱まると、外敵の侵入から体を守ることが出来なくなります。そのために起こる病気としては、まず風邪、インフルエンザ、エイズなどに代表される感染症があります。

他には、ガン、慢性リンパ性白血病、心臓病、肝炎、腎臓病、糖尿病など命に関わる大きな病気を引き起こしてしまいます。また、脳にも影響を与え、痴呆症や自閉症などの原因になるとも言われています。

免疫の異常とは、「抑制」が効かなくなった状態、つまり外敵でないもの、自分自身の細胞を攻撃してしまう症状です。このために起こる病気は、喘息、アトピー、花粉症などのアレルギー、リューマチなどの自己免疫疾患、クローン病などです。

アレルギー体質の人は、原因物質(アレルゲン)が体に入ると、神経を刺激したり、血管を広げたり、筋肉を収縮させたりするヒスタミンという物質が過剰に分泌され、それが体内のたんぱく質と結合してアレルゲンを「外敵」と誤認して過剰な免疫反応を引き起こします。

これに対し、自己免疫疾患とは、何らかの原因により自分自身の細胞を「外敵」と誤認して攻撃してしまう症状です。女性に多い便秘や冷え性、肌荒れも、自己免疫疾患に大きな関係があるとされています。免疫力のバランスを調整・強化して正常な状態に持っていくこと。これが健康な毎日を送る秘訣です。