平熱が低い、冷え性で悩んでいる…こんな人も、免疫力を上げる必要があります。体温と免疫力は強い関係を持っているためです。医学的には、平均体温が1度下がると免疫力は37%低下し、平均体温が1度上がると免疫力は60%活性化すると言われています。

例えば風邪を引いた時に熱が出るのも、体温を上げて免疫力を上げようとする防衛反応の一種なのです。人間の体温は、平均36.5度~37度の間で保たれていて、健康体ならば外気温にそれほど左右されることはありません。体温がこの平均から5度上がって41.5度になっても、すぐさま死ぬようなことはありません。

しかし、逆に平均から5度下がって31.5度になると、体内の代謝活動が正常に機能しなくなり、生きていくことができなくなってしまいます。体が冷たいと、免疫系の細胞や酵素はうまく働くことが出来ないのです。

そのため、体温が低いと細菌やウイルスなどの異物に対する抵抗力が弱まり、腸内でも悪玉菌や有害物質が増殖して、様々な病気を引き起こす原因になってしまいます。

冷え性の人は、冷えている部分の代謝が悪くなり栄養素を運び、老廃物を排出する血液やリンパの流れが阻害された状態にあります。そのせいで、肩こりやむくみなどだけでなく、心筋梗塞や脳卒中のリスクまで背負ってしまうことになるのです。人間の体は、体温の低下には非常に弱いと言えるでしょう。

自分の平熱を把握し、正常な体温に保つことが免疫力を維持するポイントのひとつです。体温が下がってしまう原因は様々ですが、低体温になると基礎代謝も低下するので、脂肪が燃焼しにくくなり、肥満傾向になってしまいます。

ダイエットしようと考える人はまず体温を上げるところから始めるのが基本です。では、どうすれば体温が上がるのでしょうか?一番適切なのは運動です。ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動が効果的です。

運動を続けることによって筋肉量が増加し、代謝が活発になって脂肪の燃焼が促され、体温が上昇します。

スポーツ選手が引き締まった体で健康を維持しているのも、しっかりと筋肉を付けることによって免疫力がアップしているからです。忙しくて毎日運動することは無理、苦しいので長続きしない…こんな人には、お風呂の時間を効果的に活用するのがおすすめです。

あまりお湯が熱いと逆に心臓に悪影響を与えるので、ぬるめのお湯に5分~10分程度ゆっくりと浸かって体を心から温めましょう。

それでも駄目、という人は、靴下を重ねて履く、カイロを利用するなどして冷えた部分を直接温めることも有効です。カイロをお腹や腰、首筋などに貼って筋肉全体を温めそれによって体温を上げます。すぐに風邪を引いてしまう免疫力の低下している人は、ぜひ実行してみてください。