近年、日本人の食生活は急激に変化してきました。食事内容の西欧化による脂質摂取量の増加、カロリーの過剰摂取などのため、肥満傾向、太りすぎの人が増え、医学的にも社会的にも大きな問題となっています。

肥満によって引き起こされる悪影響は数多くあります。例えば、加齢により筋肉量、骨量が減少し、体を支える力が弱くなったところに肥満が加わると、重い体重を支えなければならない骨や間接は大きな負担を強いられ、腰痛や膝痛など関節の障害を招きます。

そして、もし転んだりして急に衝撃が加わると骨折などのリスクは非常に高くなり、回復にも時間がかかりますから、最悪の場合そのまま寝たきりになってしまうことも考えられます。また、肥満は高尿酸血症を起こして痛風の原因になったり、脂肪肝やすい炎、動脈硬化などを招きます。

血管にコレステロールが溜まり、血行が悪くなるため高血圧、脳卒中、心筋梗塞などのリスクも非常に高くなります。また肥満で注意しなければならないのは糖尿病です。糖尿病は様々な合併症を起こし、命に関わる大病につながることもありますが、日本人は特に糖尿病になりやすい人種なのです。

日本人は欧米人と比べてもともとインスリンの分泌量が少なく、小太りから超肥満体になる前に、インスリン分泌の限界が来てしまうためです。日本人は、少し太っても欧米人よりも糖尿病にかかるリスクが大きいのです。

肥満をベースにした高血圧、高血糖、脂質代謝異常などの危険因子を併せ持つメタボリックシンドロームが社会的な問題になっているのも、こうした背景によるものです。

さらに、肥満体の人は平均体重の人よりも大腸ガンや前立腺ガン、乳ガン、子宮ガンなど、多くのガンにかかる可能性が高いことも報告されています。ガン細胞自体は、遺伝子の異常など様々なきっかけで発症し、人間の体内にはどんなに健康であろうとも毎日3000~4000個のガン細胞が存在していると推測されています。

このガン細胞は、通常はガン専門の免疫細胞、NK細胞がパトロールしており、発見するとすぐに攻撃を開始して縮小・消滅させるため腫瘍にまで増殖してしまうことはありません。

しかし免疫力が低下していると、NK細胞の働きも弱くなり、ガン細胞の増殖を防げず、腫瘍として発症してしまうのです。そしてガンの治療のためには、手術や抗ガン剤、放射線治療など、免疫力を低下させる方法が行われるのが一般的です。

免疫力が低下したことによって発症したガンを治すためさらに免疫力を低下させるという悪循環が起こってしまいます。そうならないためには、ガンにならない生活、肥満を解消し、免疫力を高めることが重要です。