季節の変わり目に風邪を引くなど、体調を崩した経験はありませんか?これは、主に気温の変化により、免疫力が低下してしまうことが原因です。通常人間の平均体温は36.5度~37度程度に保たれており、これが最も免疫力が高い状態です。

しかし体温が1度下がると免疫力は37%低下し、体温が1度上がると免疫力は60%上がるのです。つまり、体温が下がると免疫力は非常に低下してしまうのです。季節の変わり目、気温が急に下がると、人間の体は体温を上げるために交感神経を活発化させ、心拍数を上げ、毛穴を閉じ、筋肉を収縮させて血管を収縮させます。

この交感神経優位の状態が続くと、免疫細胞の白血球の中の顆粒球が増加します。顆粒球は細菌を退治する重要な働きを持っていますが、その仕事を終えた後、体内に活性酸素をまき散らしてしまいます。顆粒球が増えると、活性酸素の量も増えてしまうのです。

その影響で粘膜や組織が破壊され、様々な病気を引き起こします。季節の変わり目に体調を崩しやすいのは、この顆粒球と活性酸素のバランスが崩れることが原因です。そして、冬には最も免疫力アップに気をつけなければなりません。冬になると風邪を引く、というのは、科学的に根拠のある事実なのです。

まず、風邪の原因となるウイルスですがウイルスは低湿・低音の環境を好みます。湿度が高いとチリや埃と一緒に地面に落ちてしまい、人間の体内に侵入する頻度が少なくなりますが、乾燥しているとそれだけ長い間空気中を漂うことができ、体内に侵入する量が増えるのです。このため、免疫系の働きが追いつかず、風邪を引いてしまいます。

一般的に言われる風邪の症状、くしゃみや鼻水、咳、発熱、下痢や嘔吐なども免疫力が働いて起こる現象です。鼻や喉の粘膜についたウイルスを追い出そうとする反応がくしゃみや鼻水、咳として現れます。胃や腸についたウイルスを追い出そうとすると下痢や嘔吐を起こします。

発熱は、ウイルスは熱に弱いため体温を上げて増殖を抑えようとするとともに、体温が下がることによる免疫力の低下を防ごうとする反応です。免疫力が高い人は、たとえウイルスに感染したとしても、くしゃみや鼻水程度でそれを追い出すことができるため、風邪の症状も軽くて済みます。

しかし、免疫力が低下していると侵入してきたウイルスをうまく退治することができず、高い熱が出たり下痢や嘔吐を繰り返したりと重い症状が出てしまいます。季節の変わり目、ウイルスが活発化する冬場こそ免疫力を高めて健康を維持していきましょう。