日本人の死因の第一位を占めるガン。今では、日本人の3人に1人がガンで亡くなっています。今や、ガンは誰でもかかる可能性のある病気なのです。ガンの原因は、細胞が生まれ変わる際にミスコピーが起こってしまうためです。

正常な状態ならば、細胞が寿命を迎えたとき、それと同じ細胞が新しく生まれて入れ替わります。しかし、ここで何らかのミスが起きると、正常な細胞ではなくガン細胞が生まれてしまいます。

発生したガン細胞は、すさまじい勢いで他の細胞に行くべきエネルギーを消費し、それを元に自らの複製を作って増殖していきます。血液やリンパ液の流れに乗り、全身に複製であるガン細胞をまき散らしてしまうのです。

年齢が若いほど進行も早く、また初期には自覚症状がほとんど無いこともあり、気づいた時には手遅れになっている場合も少なくありません。

また、治療も手術や抗ガン剤、放射線療法など、体に大きな負担を掛け、副作用も激しく苦痛を伴います。そして、治療が終わっても患者は再発のリスクを抱えながら生活していかなければなりません。

このように非常に恐ろしい病気であるガンですが、実はガン細胞が発生したからといってそれがすぐにガンとなるわけではありません。人間の体には、健康な時でも常に2000個~4000個のガン細胞が存在していると言われています。

細胞は毎日生まれ変わっていますから、それだけミスコピーが起きる確率も高くなるためです。発生したガン細胞が増殖し、腫瘍となってしまった状態が「ガン発病」なのです。常に存在しているはずのガン細胞が腫瘍まで大きくならないのは、免疫力の働きによるものです。

免疫系には異物を攻撃する白血球、リンパ球などがありますが、その中にガン専門の免疫細胞であるナチュラルキラー細胞、NK細胞と呼ばれる細胞が存在しています。NK細胞は血液を通して全身を巡回パトロールし、ガン細胞を発見すると即座に攻撃を仕掛けて縮小・消滅させてくれます。

この働きのおかげで、ガン細胞の増殖が妨げられ、腫瘍化するのを防いでくれているのです。しかし、NK細胞が正常に活動できなくなると、たちまちガン細胞はその勢力を盛り返し、どんどん増殖していきます。

つまり、NK細胞の働きを高めること、免疫力を上げることがガンを予防することになるのです。一度発病してしまうと完治が難しいガン。それに負けないためには、ガンにならないこと、免疫力を高めることが最も大切です。日頃から免疫力を上げる生活を心がけ、ガンを予防することに努めましょう。