便秘は免疫力を低下させる大きな原因のひとつです。食べ物は消化され、腸内で栄養分、ビタミンやミネラル、水分を吸収された後に便として老廃物と一緒に体外に排出されます。

このため、便秘によって体内に便が溜まると、老廃物が排出されないだけでなく、腸内で便が腐敗発酵し、有害物質を大量に発生させてしまいます。また、便秘の反対で下痢も大きく免疫力を低下させてしまいます。

下痢によって体内から水分やミネラルが失われ、体力が落ちてしまうために異物が侵入しやすくなり、免疫力もその対応に追われて疲弊し、その機能を弱らせてしまうのです。

腸内環境を正常に整えることが、免疫力向上の大きな鍵になってきます。腸には体の免疫の6割が存在すると言われているほどです。

何故なら、食べ物の中には栄養分だけでなく細菌や有害物質も存在するため、腸内は体内で最も病原菌や細菌が多く繁殖する場所だからです。腸の免疫機能を正常に保っておかないと食べ物に含まれる細菌や有害物質がどんどん体に入り込んでしまうのです。

また、腸の免疫力を司るのは、免疫細胞だけではありません。腸内に存在する様々な細菌の中でもビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌と呼ばれる体にとって有益な働きをする細菌たちが、悪玉菌を退治して病気を防いでくれているのです。これらの働きを活発化させるためにも、便秘や下痢などを起こさない正常な腸内環境を作り出すことがとても重要です。

善玉菌の栄養源となるのはオリゴ糖ですが、これは大豆やバナナ、ごぼう、にんにくなど身近な食品にも多く含まれています。最近では特定保健用食品として、オリゴ糖を含んだヨーグルトや低カロリー甘味料なども販売されているので生活の中に取り入れてみるのも良いでしょう。

また、便秘解消にはお腹のマッサージも効果的です。下腹を手のひらで時計回りに優しくマッサージすることで、腸の働きが活発になり便を押し出す力が強く働くようになります。水分を多く取るのも大事です。水分が不足すると便が固くなってしまい、どうしても便秘がちになります。

眠る前や起きたときなどに意識的に水分を摂取することで便秘が解消され、免疫力を上げることにつながります。

ただし冷たい水を一気に飲むと、今度は下痢をしやすくなりますから、白湯などのぬるめの水がより効果的に働きます。腸内環境を整え、便秘や下痢を防いで老廃物をすばやく排出し、善玉菌を増やして免疫力向上を目指しましょう。