食生活の乱れも、免疫力を低下させる大きな原因のひとつです。私たちの体の中で、免疫を主に司っているのは血液中の白血球ですが、これがうまく働くためにはバランスの取れた食事が重要です。

たんぱく質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラルの5大栄養素を十分に、かつバランス良く摂取しなければ、免疫力の低下を招いてしまいます。現代の食生活でよく問題にされるのが野菜不足、つまりビタミン不足です。ビタミンが不足すると、白血球の働きが悪くなり異物を攻撃する力が弱くなってしまいます。

ミネラルも同様で、過剰摂取も良くありませんが、足りないとやはり免疫力が低下する原因になります。また、伝統的な日本食ではなく、欧米的な食生活が広まったことで、肉や加工食品などを多く口にするようになりました。

動物性たんぱく質は、とり過ぎると消化に時間がかかるため、腸内で腐敗・発酵を起こし、たくさんの毒素が生まれてしまいます。この毒素を退治するために免疫系が大きな負担を強いられ、働きが鈍ってしまうことになります。糖分、油分のとり過ぎは、言うまでも無く健康の大敵です。

これらはカロリーが高く、消費されなかったカロリーは脂肪として蓄積し、血管にまで溜まって血流を悪くします。結果、免疫の主役である白血球がうまく働けなくなってしまうのです。

肥満は糖尿病や心臓病、高血圧の原因にもなりますから、糖分と油分のとり過ぎには十分注意が必要です。しかし、太っているのを気にしてダイエットを繰り返すのも、免疫力を低下させることになります。

カロリーを抑えようとするあまり、必要な栄養分まで足りなくなってしまい、色々な支障が生じてしまいます。

食事はあくまでもバランス良く、規則的に取ることです。偏った食事、暴飲暴食は避け、野菜や果物、魚などを積極的に食べるようにしましょう。インスタント食品やファーストフードに含まれる添加物も、肝臓や腎臓、血液に負担をかけ、免疫力を低下させてしまいます。

たとえ今は問題が無くても、体の中ではだんだん免疫力が低下していっているかもしれません。若いうちからバランスの取れた規則正しい食生活を送ることを習慣づけ、年齢に負けない免疫力を作っていくことが必要です。